So-net無料ブログ作成

rootユーザ システム管理者はlinuの王様 [ネットビジネス]

rootユーザ システム管理者はlinuの王様

 

rootユーザはLinuxの管理者

rootユーザはlinuxシステムを自由に設定できる最高権限を持つユーザです。(windows の administrator と同じ)

rootユーザは Linux の管理者権限を持つユーザです

root権限を持つユーザは linux に webサーバや mailサーバ、使いたい言語がインストール出来たり、他のユーザのパスワードを変えたり、他のユーザがシステムを使えるようにしたり使えないようにできます。root権限でハードディスク全体をフォーマットしたり全てのファイルを削除する事も出来てしまいます。

ruootユーザ管理権限者王様

 
root権限は linux上であらゆる事が可能で、システムを破壊する可能性もあるので、普段は root でログインすることはありません。

一般のユーザを作成して、root権限を与えられた一般ユーザでログインします

一般ユーザでログインした後、root権限が必要な時は「sudo su」コマンドを使って root権限を取得します。

ログインした場所がカレントディレクトリ

あなたがログインした直後、/homeディレクトリ下のあなた専用のディレクトリがあなたの「カレントディレクトリ」になります。



root権限でlinuxシステムのカレントディレクトリを参照



この /homeディレクトリ下に 2人のユーザー専用ディレクトリがあり、ユーザ「piyo」でログインした時の カレントディレクトリは /home/piyo/ になります。

linuxコマンド cd と pwd

linuxのファイルシステムを理解するためにコマンド cd と コマンド pwd の使い方を覚えましょう

「linux cdコマンド」などで検索してコマンドの使い方を覚えてください。

もっと便利な使い方があります。

$ sudo apt install -y manpages-ja manpages-ja-dev

 
man コマンドをインストールすれば、あなたが使っている linuxで コマンドのマニュアルが読めるようになります。

日本語のマニュアルを参照するために ubuntu に mannpages-ja manpages-ja-dev をインストールしている画面です。(右のターミナルでは、使わなくなったライブラリを削除しています。)




man cd で cd コマンドのマニュアルを参照しているところ。

おうちで linuxサーバ

仕事で linuxサーバを運用する場合は、クラウドを使います。(DDOS攻撃などで狙われた時に対応するには、何百万円もするファイアウォールが必要になります。)

自宅で linxサーバを立ち上げて、自分がroot権限を持ったシステム管理者になり、Webサーバやmailサーバ、ファイルサーバなどを運用したり、使いたいプログラミング言語(と付帯する環境設定)をインストールする事で、linuxサーバ運用に関する経験・知識が普通のlinuxユーザより何倍も高くなります。

過去記事 中古のWindowsマシンを Linuxマシンに変身 も合わせてお読み下さい。

このページで使っている画像は、無料で使える「gimp」を使って作成しています。このサイトの過去記事 → 無料の画像編集ソフト GIMP


nice!(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。